効果を長続きさせる

虫歯の治療や予防、ホワイトニングなど

歯科ではプラークや歯石を除去したり、エナメル質をフッ素でコーティングしたりすることで、ミュータンス菌による悪影響を受けにくい状態にしているのです。また、歯科では黄ばんだ歯を白くする治療もおこなっています。ホワイトニングというのですが、これはエナメル質の色素沈着を除去したり、象牙質を白色にするという方法でおこなわれています。虫歯治療や虫歯予防、そしてホワイトニングによって、現在は歯を白く美しい状態にしやすくなってきました。虫歯や歯石や黄ばみは、口臭の原因にもなります。そのためこういった歯科での治療により、歯の見た目の悪さや口臭に悩む人は減っていくことになると予想されています。

歯科での治療効果を

歯科で治療を受けることで、口腔内の状態は良くなります。そしてその状態を長続きさせるためには、家庭でのオーラルケアが重要になります。うがいや歯磨きをしていなければ、ミュータンス菌が活発になり、虫歯になりやすくなります。再び色素が沈着して、黄ばんでしまうこともあります。しかし磨きすぎると、塗ったフッ素が早くなくなってしまったり、エナメル質が削れて象牙質が透けて見えやすくなったりします。こういったことを防ぐためには、適切な方法でオーラルケアをする必要があるのです。そして、そういったオーラルケアの方法を指導している歯科もあります。もちろん、定期的に歯科に通ってオーラルケアをしてもらうこともひとつの手です。こういった工夫により、治療効果は長期間持続するようになるのです。